SPOZIUM(スポジウム)

ACTIVATION

「SPOZIUM」スポーツ産業の拡大を志す全てのステークホルダーに向けた専門メディア

文:SPOZIUM編集部

2020年の東京オリンピックの開催が決まり、日本のスポーツ産業は大きく変わろうとしています。チームやリーグのガバナンス、インターネット配信、スポンサーシップ戦略、新スタジアム建設、ウェアラブルデバイスの登場など、今までになかったスポーツの話題が注目され、スポーツ関連市場における様々な企業にとってビジネスチャンスが到来しています。

東京オリンピック開催によるスポーツへの関心の高まりは、日本のスポーツ界にとって産業を発展させるまたとないチャンスになるはずです。例えば今までスポーツに興味のなかった企業が東京オリンピックをきっかけにスポーツに関わり、その有意性を感じてさらに深くスポーツとの関わりをもつという循環も考えられるからです。

ただしチャンスが活かされてこのような循環が起こるかどうかは、各ステークホルダーの動き方にかかっています。せっかく東京オリンピックをきっかけにスポーツ界に関わった企業も、そこで有意性を感じられなければ、東京オリンピックの終了と共にまたスポーツ界から離れていってしまうでしょう。そうならないためにも我々はスポーツの権利をもつだけでなく、権利をうまく活用して企業のメリットにつなげていく活動が必要不可欠であると考えています。

すでに日本のスポーツ界においてもチームやリーグなどのコンテンツホルダー、スポンサーをはじめとする全てのステークホルダーがそれぞれスポーツを活用し、さらには産業を拡げる活動を始めています。本サイトではこれらのスポーツ産業を拡げるための活動を広義の「アクティベーション」と定義し、その事例を取り上げていきます。さらに欧米諸国の事例も紹介していく予定です。

この「スポジウム」が各ステークホルダーのさらなるアイディアを創発し、スポーツ産業全体の発展について考えるシンポジウムの場になればと考えております。

文:SPOZIUM編集部