SPOZIUM(スポジウム)

VOICES

便利なアリーナのアプリが登場!並ばずにハンバーガーをゲットする秘策

アリーナやスタジアムでの大規模なイベントは盛り上がるし楽しい、でも人が多すぎて売店やトイレには長蛇の列でげんなりしてしまった、そんな経験はないでしょうか。
大勢の人が平日夜でも休日でもスポーツ観戦に集まるアメリカでは、人々のそんなストレスを解消するべく様々な取り組みが行なわれています。

v_makihira_00001_1
こちらはすごい長蛇の列です

v_makihira_00001_2
あれ!?こちらは並んでいない!

そのひとつの例がアメリカニューヨークのブルックリンにあるバークレイズ・センターにありました。2012年に設立された新しいアリーナです。ここを本拠地とするNBAブルックリン・ネッツのホームゲーム開催日は平日の夜であろうと大勢の人が押し寄せます。ハーフタイムなどの試合の合間にはハンバーガー やドリンクをはじめとする、バークレイズ・センター自慢の数々の飲食の売店に長蛇の列ができます。

しかしそんな列を横目に一番端のカウンターに並ばずすっと立ち、ハンバーガーやドリンクを手に早々と席に戻る人々が。皆スマートフォンを片手に何やら店員さんと確認をしています。

これはバークレイズ・センターがスマートフォンアプリを用いて提供しているサービス。専用のスマートフォンアプリをダウンロードした観客は自分の席にいながらにして、お目当てのメニューを取り扱っている自分の席から一番近いお店をアプリ上で検索することができます。(もちろんアリーナ内にフリーWi-Fiは完備)

そしてアプリ上でそのまま好きなメニューを選んで数量を決め、オーダーをすることができます。支払いもクレジットカードを登録すればボタンひとつで完了。

v_makihira_00001_3
答えはこのアプリ!

v_makihira_00001_4
自分の席から一番近いお店を検索!

v_makihira_00001_5
あとはオーダーするだけ。便利です!

あとは頃合いを見計らってお店に行き、列を横目に自分のオーダーした商品を受け取るだけ。すぐに自分の席に戻って試合観戦を楽しむことができます。

バスケットボールの試合は試合展開が早く、またハーフタイムなどの試合の合間にも様々なショーやイベントが行なわれるため、席をなるべく外さずに最大限楽しみたいもの。さらにそのうえで美味しい食事も楽しみたいという観客を満足させる納得のサービスが提供されています。もちろんこれは飲食売上の増加にも大きく貢献していることでしょう。

人々がスポーツ観戦をする頻度の高いアメリカですが、さらに顧客の満足感をあげ、売上を増加させる取り組みを怠らないことで、スポーツをより大きなビジネスへと拡大し続けています。